cono-ito について

cono-ito は、縫製工場と洗い加工・染色工場から生まれた製品です。

私たち繊維業に関わるものにとって、糸は切っても切れない大切な存在です。
そんな糸を今一度見直し、何か作れないか・・・。
と試行錯誤していた時に出会ったのが、ホールガーメントと言われる、
縫い目のない立体的な製法のニット製品です。

特殊な編み機を導入し、様々なゲージや素材となる糸を選び、試作を続けること数年。
やっと満足出来るような優しい肌触りのニットが生まれました。

必要な分量の糸のみで編むことができる、ホールガーメントのニットは、
最低限の資材を利用した環境にやさしいニットです。


生成りのオーガニックコットン糸を使って編み、製品染めをすることで、
様々なカラーを無駄なく作ることが出来ます。

インディゴ染めの製品は、糸の状態でロープ染色された中白の糸
(芯まで染まっていない)を使って編み上げ、ジーンズの加工で培った技術で
味のある色合いを出しています。

そのほかにも、縫製工場で使われる縫い糸の残り糸を利用した、1点もののニット
など、糸に立ち返ったことによって、新しい発見や新しい製品が生まれました。

これからも、『この糸』から始まったことを忘れず、
使う人がハッピーになれるような新しい製品を
作りつづけたいと思いながら、日々努力しています。




 

上部へ戻る